Ashikari亭の与太話

ashikari.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

回想録2009(4)

9/20
奥州YOSAKOI in 水沢

c0182210_1433168.jpg

撮影ボランティアとして参加させていただく。
チーム紹介でパンフに写真使っていただいたのが3チームくらいあったはず。
個人的にこの日一番印象に残ったのは酔楽天さんでした。

9/21
横手キッズまつり

c0182210_1435835.jpg

前日水沢を欠場した馬花道さんはキッズがこちらに参加し、見事金賞に。
また、昨日水沢にいらしたチーム関係者も引率などでちらほらお見受けしまして、おつかれさまです。
秋田のキッズyosakoiは独特の進化?を遂げているようであり、
岩手・青森をメインに見て歩いている私みたいな者にとっては新鮮でした。


10/4
いわて生協一関イベント

c0182210_1461961.jpg

秋空晴天のもとのyosakoiはいいですね。
飛勇凛、一関夢限大、華美連さんらキレある踊りに定評あるチームが揃う。
太鼓を交えての大旗競演はナイス企画でした。


10/10~10/11
みちのくyosakoiまつり

c0182210_1463882.jpg

コンテストの激戦!
ランキング的なものにはあまり興味を持っていない管理人ですが、
皆さん頑張ってましたのでどうしても気になってしまう。
祭姫會さんのファイナル進出は本当にお見事でした。


11/3
築館薬師祭り

c0182210_147230.jpg

スタートからゴールまで気ままに前進しながら総踊り。
お天気は不安定でしたが途中虹も出ました。


・・・大小含めて、アシカリがお邪魔したイベントはほとんどこれで全部な筈。

そして、今年一番インパクトのあった出来事ってなんだったろうと思い出すと、
十和田yosakoi『雪』まつり
やっぱりこれでしょう。

今年一年各地でお会いした皆様、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

by ashikari_55honz | 2009-12-31 01:57 | YOSAKOI関連
2009年 12月 31日

回想録2009(3)

7/26
室根よさこいふれあいフェスタ

c0182210_1325235.jpg

結成間もない桜室連(おうこうれん)さんが先輩チームの助けを借り、地元で主催した模様。
岩手県南地域での新しい動きにも注目(^^)


8/16
花の湯イベント(極楽ほんず)

c0182210_1332414.jpg

「早食い大会」の看板の前で集合写真を撮ったもので
『ほんず』全員で早食い大会に参加したみたいになってしまいました(笑)


8/22
本気会ラスト演舞

c0182210_1334128.jpg

指の先、小旗の先まで魂の籠もった素晴らしい演舞にいつまでも終わって欲しくないと思いました。
解散の日を迎えたとはいえ、踊り足りない人はたくさんいると確信。三沢から巻き起こる新しい息吹に注目。


9/6
デコトラ祭り(極楽ほんず・ZE零RO)

c0182210_134317.jpg

到着したら半分以上終わってました_| ̄|O
デコレーショントラックの一台に小川原湖の舞姫伝説を発見。


9/11
大舘神明社祭典

c0182210_1343155.jpg

yosakoiが参加するお祭りではないんですけど、
ある程度シンプルな囃子音楽が繰り返しの中で興奮度を増していく様子は
こっちの世界の参考になるかも知れないと思いながらの見学でした。


9/16
盛岡八幡宮奉納演舞(鴒・もうか・桜蓮迦)

c0182210_1391843.jpg

山車・御輿・神楽といった伝統的なお祭りに圧倒され、
若干肩身が狭い思いもするよさこい奉納ですが、
会場には人だかりが出来、「いいぞー」みたいな声がかかるなど盛り上がりました。
鴒さんにはこの日の奉納演舞をきっかけに見学にいらした方もいるそうです^^)

by ashikari_55honz | 2009-12-31 01:40 | YOSAKOI関連
2009年 12月 31日

回想録2009(2)

5/31
盛岡yosakoiさんさ

c0182210_1271513.jpg

『極楽ほんず』久しぶりの参加、わげもんさんや祭姫會さんは初登場だった筈。
2005頃から見ていますけど、お客の反応や食い付きという観点では過去最高の盛り上がり。
花嵐さんの演舞後の拍手とどよめきは本当に初めて見た人達の素直な反応だったと思います。


6/13
札幌yosakoiソーラン祭り

c0182210_1273095.jpg

本当は予定に入れていなかったのですけれど、
東北から参加する仲良しチームや仲良し踊り子達のチャレンジ精神・思い入れを
いろいろ聞かせてもらっているうちに、いてもたってもいられなくなりました。

飛勇凛さんにはあきれられ(笑)、
元気爆発な北里三源色さんの踊りを目の当たりにして行って良かったと思いました。


6/28
よさこい津軽

c0182210_1275236.jpg

『極楽ほんず』に復調の兆し。
「良かったよ~」とか「増えたね~(踊り子が)」とか、
私に話しかけてくれる人が結構いるのですよ^^)ゞ


7/5
前沢よさこいフェスタ

c0182210_1284386.jpg

スコールのような大雨で中断を余儀なくされる。
撮影も苦戦しましたが、雨上がりの夕日をバックに
江刺華舞斗さんの素晴らしいショットが撮れました。


7/25
小川原湖湖水まつり

c0182210_1291148.jpg

彩湖舞姫会さんのおもてなしの心により、こちらのイベントは毎回とても居心地が良いです。
次回こそゆっくりと最後まで花火見れますように(-人-)

蒼い目の踊り子テレサさん最後の日でした。

by ashikari_55honz | 2009-12-31 01:30 | YOSAKOI関連
2009年 12月 31日

回想録2009(1)

1/30
小岩井雪祭り(鴒・もうか)

c0182210_1193598.jpg

雪祭りだけれど天から落ちてくるのは雨。踊り子のみなさん大変でした。
雪のステージ写真は後日届けた際子供達に喜ばれました(^^)


2/14
農はだて(飛勇凛)

c0182210_1202138.jpg

飛勇凛さんが「歓喜豊穣」のテーマとして取り上げている冬の行事。
今年は少雪と強風によりいろいろ勝手が違って大変そうでした。
厄年連による”つがい踊り”も鳴子を持つようになったのは、歴史的にいつから・・・?


3/29
羽田火防祭(飛勇凛・遊夢舞・幻夢伝)

c0182210_1203786.jpg

奥州市近辺で”厄年連”が主体となる春祭りのひとつ。
yosakoiは厄年連プロデュースにより企画された模様。
混雑具合と焼鳥屋からの煙がハンパなかったです。。。


4/11
GreenPerformers(鴒・桜蓮迦)

c0182210_121350.jpg

『鴒祭2009』をひっさげて鴒さんがんばりました。
一ヶ月?くらい前から鴒さんの練習に頻繁にお邪魔するようになり、当日もリハから見せていただく。
キッズ達にも次第に顔をおぼえられ、遊んでもらえるようになったのは嬉しかったっす^^)v


4/27~4/28
十和田yosakoi夢まつり

c0182210_1212328.jpg

何といっても雪が降ったのは強烈。
桜と雪のコンビネーション写真は一枚も撮らないでしまいました_| ̄|○


5/4~5/5
AOMORI春フェスティバル

c0182210_1224374.jpg

レセプションにて『ウォッチャー枠』で数人の仲間とともにステージ上に;^-^)
ヨッシーさんありがとうございました。
そういえば、ウォッチャーという言葉が自然な感じで定着したのは今年という気がします。


5/5
浪岡ふれあいジャンボリー(極楽ほんず)

c0182210_1231641.jpg

ポスターでアシカリ撮影の写真使っていただきました。
yosakoiソーランの時間は和気藹々。

by ashikari_55honz | 2009-12-31 01:25 | YOSAKOI関連
2009年 12月 26日

よさこい系忘年会 盛岡編

地元チーム鴒さんの忘年会があり、お邪魔して参りました。
場所は活動センターの和室を借り、料理は各世帯持ち寄りというスタイルでして、
実はうちで今、親戚に配っても余るくらいのトロカツオをいただいていましたので、
(Kさんありがとうございました)
鴒さんの忘年会スタイルに便乗して食べるの手伝ってもらおうと^^)

今年、盛岡のよさこいはじわじわと上り調子であることを実感できた一年でした。
私にとっては体感で過去最高の盛り上がりと感じたyosakoiさんさの記憶も鮮烈ですし、
この地域でのよさこい人気や認知度も上がってきたのか、
鴒さんは登録会員を親子それぞれカウントすると、50人に迫る勢いなのだそうです。
(今日は20人位でした)

情報交換や意見交換、こういう踊りをしたいといった話や
盛岡のyosakoiさんさ事務局にこういうお願いしたいよねという話、
いろいろありましたが、ゲスト参加でありながら私はちょっと喋りすぎたかもA;^_^)

鴒さんにも今年たいへんお世話になりました。
地元のよさこい、大事に盛り上げて参りましょう。

by ashikari_55honz | 2009-12-26 22:41 | YOSAKOI関連
2009年 12月 13日

『復活編』

むかし星間戦争で宇宙の海に沈んだ、とある宇宙戦艦が映画で復活したんですっけか。

どちらかというと、私は登場人物のドラマよりも宇宙戦艦同士のドンパチが好きです。
だもんで、死んだはずのキャラが次作で都合良く生き返ってもあまり気にならなかったな。
主要なキャラを殺して安易に感動を呼ぶ、というN氏的手法に関しては、今回もよからぬ噂を聞きましたが。

しかし、なんかですねえ、
プロデューサーNとか漫画家Mといった著作権の亡者に弄ばれるよりも、
そのままあのフネは宇宙の海に眠っていてくれていた方が・・・

これまでも何度か復活の機運がありましたけど、
古○進32世という珍設定に開いた口がふさがらなくなったり、
ボディに円盤や羽根つけた珍妙な物体がヤ○トだったり、
あるいは未完で終わったり立ち消えになったりと、がっかりさせられっぱなしだったんで
全然期待していない自分がいます(PS・2のゲーム版は良かったと思います)

ちなみに、同級生世代は宇宙戦艦よりも機動戦士の方がファンが多かった記憶がありますが、
あたくしは本来筋金入りのヤ○トファンです。ガ○○ムの方は生涯これまで一話も見ていないという^_^)
(小学校当時の放映時間が早朝とかで条件が良くなかった記憶がある)

怖いもの見たさでおカネ払えるのは私は1000円までかな。
時間が出来たら宇宙戦艦のドンパチ見てきましょ(^-^)

by ashikari_55honz | 2009-12-13 21:45