Ashikari亭の与太話

ashikari.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 30日

飛勇凛2014Yosakoiソーラン(8)大通パレード

c0182210_23023158.jpg
飛勇凛 大通パレード(北)

https://plus.google.com/u/1/b/118318085794063732137/photos/118318085794063732137/albums/6028092254921744593?sort=1
(↑)googleアルバム
c0182210_23033165.jpg
c0182210_23023427.jpg
c0182210_23023508.jpg

2014年飛勇凛の札幌スケジュールはここが最後でしたが、やはり本戦orU40で勝ち上がることへの意識があったもので
「ここは空き枠で押さえましたが踊らない予定です」って出発前に結構はっきり聞いた記憶があります。
それがため給水の手配をしておらず、あわててスタッフをコンビニに走らせたのは今となっては笑い話の類でしょうか。

*** *** ***




c0182210_23025573.jpg
c0182210_23030181.jpg

このときの撮影は私は桟敷席・歩道から遊撃。腕章はOさんに預けて地方車に乗ってもらいました。
全5回見逃したくなかったので有料桟敷席もチケット買って入りました(売り場探して走った走った;)

何故こういう撮影ポジションにしたかというと、前日のサタデーナイトパレードのとき
大人数のメジャーチームであっても桟敷から見た隊列があまり綺麗でないチームが散見されたもので、
チェック目線で飛勇凛の隊列を桟敷から見たらどうだろうと思ったことがひとつ(→そんなに悪くはなかったと思う)

Yosaカメもチームとのつきあいが長くなると
地方の上や正面といった特等席からの撮影チャンスをいただけたりしますが
大多数のお客様の目線を忘れちゃいかんと思います。
c0182210_23030372.jpg
c0182210_23030509.jpg

踊り子・メンバー一同「悔いの残らぬよう全力で!」という気持ちで臨んだ筈です。
故障が酷くなって離脱・最後の最後に戻った者や、全5回踊りきって倒れこんだ者、
あるいは、余力を残してゴールし次の自由参加の『かみどん』に嬉々として飛び入りする者など様々でしたが
様々な想いを乗せた密度の濃い練習期間はここで結実したと思います。

c0182210_23030719.jpg
c0182210_23032367.jpg
c0182210_23032500.jpg
c0182210_23032779.jpg
c0182210_23032914.jpg
c0182210_23033373.jpg
私は全演舞を見届けて離脱・帰路へ。
翌日の飛行機がまた欠航になり羽田経由レンタカー組、フェリー組、JR組、更に翌日の飛行機組に分かれて
大冒険がありましたがまぁその話はいいでしょう^_^)

長くなりました。これで完結です<(_ _)>


by ashikari_55honz | 2014-06-30 21:08 | yosaカメ・ウォッチャー


<< さしあたって。      飛勇凛2014Yosakoiソ... >>