Ashikari亭の与太話

ashikari.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 17日

みちよさ雑感(1)飛勇凛、みちのくYOSAKOIファイナルへ

みちのくyosakoiまつりにて飛勇凛はファイナルステージ進出という栄誉を獲得しました。
記憶の限りチーム史上最高タイトルです。
c0182210_2148865.jpg

公式な報告や謝意の表明はチームに任せて、
ここでは私個人の雑感を何回かに分けて記しておきたいと思います。
チーム内外の事にも触れますが、あくまで助っ人という立場の芦刈個人の感想です。

c0182210_20101970.jpg

c0182210_2010171.jpg





助っ人の私からみていると、
飛勇凛はふだんから「賞獲るぞ!!おー!」という会話はほとんど聞かないチームです。
踊りには滅茶苦茶こだわるんですが;^^)

c0182210_2012464.jpg


今回、ブロック内には北海道やどまつり勢の大規模チームが見当たらず、
ウォッチャー目線で勝算はありそうに思えました。

しかし、9月中いろいろなイベントをこなしながら次第にみちよさが近づいても
チームの中はなかなかエンジンがかかる様子がありませんで、
もうちょっと欲を出して頑張る方向にまとまるといいのにね~なんてひそひそ話を同年代の○○氏や○○氏としていたんですが、

10月冒頭、「個人の強化レッスンをします!」という指令が降って湧いて出まして、
その話を聞いたとき、「あ、今回は本気だ」と直感しました。

リーダー△△や、○○りは性格的にシャイで真面目で腰が重い奴らですので(失礼)、
たぶん、ずっと前から考えていたことをなかなか言い出せず、
ぎりぎりのタイミングでメンバーの皆に提案したのだと想像します。

みちよさに対する陣立ての構築は実質的にみずさわ、十和田が終わった後という感じでした。
(幹部はもっと前から動いていたのでしょうけど)

助っ人もこのためによそに働きかけて集めたということもなく、普段からつきあいのある希望者。
ぶっちゃけた話、入賞を目指すには人数面で厳しいと思えるレベルでしたが
飛勇凛は拡大路線を取らず、現有戦力を地道に、愚直にレベルアップさせる道を選んだようです。

密度の濃い練習期間でした。
3日連続で盛岡から胆沢へ練習に通って帰りが毎回12時とかなりましたから、
若干しんどかったですけどね;^^



c0182210_20122161.jpg


写真の一部はKさんより提供をいただきました<(_ _)>

by ashikari_55honz | 2013-10-17 21:15 | 踊り子


<< みちよさ雑感(2)写真少々+紅...      小出し@よさ夢(4) >>