2013年 04月 29日

【レポ】よさこい元気まつり(十和田市)

c0182210_14554339.jpg


青森公立大 影飛威Sea
オリジナルと『ヨッシャ来い!』オリジナルは初見だったでしょうか?

戦隊ヒーローっぽいポージングやフォーメーション、
(そういえば影飛威Seaって名前もどこか戦隊モノっぽいイメージがある。私だけか?)
後半は青森らしくラッセラーのアクションを取り入れてオリジナル性は十分、

これだけでも面白かったんですが
次の『ヨッシャ来い!』では踊りの質そのものがぐんと上がり、
躍動しながら統制感もきっちり維持する綺麗さがありました。
(一例をあげれば空に向かって腕を突き上げる角度・タイミング)

この密度をオリジナルで出せるようになればもっと面白くなる筈^^)b


HIRODAI焔舞陣
『ザ・フェスティバル』と『南中ソーラン』
積極性と力強さ。フェスティバルは客席エリアぎりぎりの至近距離で演舞。
南中にもチーム独自の工夫や鍛錬が見受けられ、ポイント高し。

次の機会には是非オリジナルを(^-^)


馬花道
『武士道』と馬花道3部作のラスト『道』

『武士道』の振り付けってあんなに難易度が高くてアグレッシブだったんだ、
と初めてのことのように気がついたのは
自分が踊り子をやるようになってそっちの方に注意が向くようになったからなのか、
ここしばらく馬花道さんを観る機会が少なくて改めて新鮮さを覚えたからなのか。

往時と比較して少人数の『武士道』でしたが
踊り子一人一人から発せられる凛とした気合は昔はなかった感覚。
(yosakoiという表現の中でまさに武士というたたずまい)

『道』の方は大人チームの演舞に接する機会はこれが初めてでした。
馬花道さんらしい賑やかさとサービス精神が満ちた曲。
ジュニアメンバーに秋田の子がいたことに驚きました;^^)


北里三源色
オリジナル2曲。うちラスト一曲は新曲発表。
『豪歌』の大合唱と大勢のお客さんの笑顔・手拍子を見てると来てよかったなあと心底思う。
君達の頑張りがなんぼ十和田の街を明るくしていることか。
(行政・観光の春祭り関係者様、もっと予算つけてあげて下さい)

新曲はこれから踊り込んでもっと面白くなってゆくことと思いますが
前作と比較して綺麗な作風という印象。
天馬だったかその前の、女の子リーダーが多く手がけた(と聞いている)曲と
ちょっと雰囲気が似ている・・・かな?

2人のMCのスキルと表情は今のところ満点を差し上げたい。
歴代三源色のMCの中でも今年の彼女らほど情感たっぷりのタイプはいなかったかも知れません^^)b

衣装の扱いに新工夫があったような気がしました。
今年の曲のオリジナル性や表現したいこと・伝えたいことは何かに焦点を絞って
新しい工夫やワザはいろいろ試してみて欲しいなと思います。

by ashikari_55honz | 2013-04-29 10:47 | yosaカメ・ウォッチャー | Comments(0)


<< 2013AOMORI春フェス写...      GW前後の情報(2013) >>