Ashikari亭の与太話

ashikari.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 30日

撮影雑感(1)-夢限大さん10周年-

夢限大さんの10周年に関して記しておきたい話がもうちょっとあります。

個人的には「今回はこれとこれとこれをやりたい」とはっきりと頭に思い描き、
情報を集めながら夢限大さんに働きかけ(踊り子になっている飛勇凛にもことわりをいれつつ)、
スケジュールや予算を組んで能動的に動いたという点で
yosakoiとのかかわり合いの中で、自分史に残る密度の濃い期間でした。

「これとこれとこれをやりたい」というのは
お手伝いカメラマンと助っ人踊り子と、夢限大さんへの写真プレゼントです。

*** *** ***




10周年イベントの開催環境が体育館であると知った当初、
私の腕と機材では写真を撮ってもおそらく全滅、いいものは撮れないだろうと思いました。

意外と暗いんです。室内環境の体育館(´・ω・`)

以前青い森ア△ーナで撮った時にだいぶ苦戦した経験がありまして、
なんとかアルバムまでupしましたけど、今見返すとやっぱりしょぼいですね。
動きの激しいyosakoiはピンボケとぶれぶれのオンパレードとなるのが関の山です。

代表さんからいつも通りお願いねと声を掛けられたのは、
10月某所でのイベントの帰り際、そんな考えが頭を巡り弱気になっていた時でした。
で、「屋内でカメラ撮影すると△△がどうのこうの・・・」と、ぐちぐちと予防線を張ったんですが
「んなことは気にしなくてよろしい」と一蹴されました(笑)

・・・このときに覚悟を決めたというのはありますかねぇ;^^)

*** *** ***

これと並行して写真送付の準備も始めました。こちらで取り掛かった当初は
先方が10周年行事として何をどこまでやるか全然把握していない段階だったんですけど、
まあ、にぎやかし用に写真はあっても困らないでしょうと。

今年の分の撮影データと、あと、A3プリントをプレゼントするので、
使えたら使ってくださいと届ける約束をしました。

(続く)

by ashikari_55honz | 2012-12-30 21:31 | yosaカメ・ウォッチャー


<< 撮影雑感(2)-夢限大さん10周年-      懇親の部(無礼講編)-10周年... >>