Ashikari亭の与太話

ashikari.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 13日

【2】前沢(1)~6・7・8月忘れ残りのメモ

【前沢よさこいFesta】
この日はyosaカメでした。助っ人踊り子で参加するかカメラマンするかについては、
9月の水沢で踊り子するつもりならこっちはカメラマンの方がいいかなという選択ですね。

c0182210_23322025.jpg


◆この日の目玉は奥州市チームを主体としたコラボのいろいろ。

飛勇凛の演舞の後半に江刺華舞斗さんらが入る、
同様に江刺華舞斗さんの時に飛勇凛・桜室連・幻夢伝・絆舞連・一関夢限大・鴒 ほかいろいろ入る、
この2つは札幌でやってきたことの再現ですね(だいたい奥州チームのメンバーとして札幌に渡った面々です)

そのほか、幻夢伝さんと飛勇凛のコラボ、
水沢絆舞連さんの演舞の時に踊り子より多い大旗応援、
絆舞連さんの三味線が華舞斗、飛勇凛、夢限大さんらの演舞のときにベベベンと入ったことなどは
更に先を行く展開の数々。

特にも幻夢伝さん『神月』に飛勇凛がコラボしたことは、
「9月水沢での新曲宣言」があったため、この機会が最初で最後の珍しいものだったかも知れません。
(プログラム順をもうちょっと上手く回せれば紅翔連さんとも可能だったのに~)





c0182210_23342958.jpg

◆全体的なところをざっと見回した感じでは、
地元奥州勢とは別に(?)、THE駆さんが実行委員会と太いパイプを築いて
盛り上げ役を買って出ていた様子でした。

◆旗振り共演。『勇姿会』の名前は聞かなかったような気がします。
司会に起用されたのは陸前高田のKさん。お久しぶりです(^^)

◆この日の撮影・ウォッチャー活動を行うルートについて。
開会式とその後の数チームを見たあとでアスティ方面へ移動。

ふれセン←→アスティ及びイオン会場との移動時間は、
バス待ち時間の多少のロスを考慮するとおよそ20分。
開会式直後の混雑時間帯は30分以上かかったと思います。

あんまり移動を繰り返すと往復で40分、演舞が見れなくなってしまいますので
中間の時間帯は移動をなるべくしない方針で。

ちなみに、いちど歩いて両会場間を移動したのですが、
カメラ機材・脚立という重い荷物を抱えておよそ15分程度でした。

・・・あれ、シャトルバスは今回1ルートだけになりましたか?

by ashikari_55honz | 2012-09-13 17:28 | yosaカメ・ウォッチャー | Comments(0)


<< 【3】前沢(2)~6・7・8月...      【1】よさ津~6・7・8月忘れ... >>