Ashikari亭の与太話

ashikari.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 12日

農はだて(2012)

奥州市胆沢区で開催されました農はだてのつどいに
飛勇凛さんの助っ人として参加して参りました。
c0182210_21485182.jpg

飛勇凛さん的には、今回の『農はだてのつどい』には参加申し込みや交渉は特段してなかったんだけど
プログラムに名前の入ったポスターが先に送られてきて「今年も頼むよ!」みたいな経緯だったんだそうです。

感想は『寒かった~(iДi≡iДi)』の一言に尽きます(笑

通い続けて4回目か5回目になりますけど、年によって暖冬だったり大雪だったり、風が強い年もあったり、
天候やコンディションが一定している記憶はあんまりないですね。

自家用車についている温度計は、-5℃とか-7℃とかを表示していました。
実際はもっと寒かったと思います。

『豊潤』の衣装はたいへんに風通しが良かったです(笑)
年齢とともに急速に寒さには弱くなっており、この日も耐えられるか心配だったのですが、
ヒートテックをがっちり仕込めば、短時間ならしのげる事は判明しました。
(あと、脚絆が意外とあったかかったので、そこにホッカイロを仕込めばあるいはw)

厳冬ゆえ足元の氷雪はあんまり溶け出していなくて、
つるつるで大苦戦した昨年ほどではないのではと思いましたが、やっぱり滑りましたね;^^)
すりさわが終わってから2週間ありましたが、そのうち1週間は大雪のため練習を棒に振ったことも重なり、
個人的にはとてもしょっぱい今年の踊りはじめになってしまいました。

大挙して応援にいらしてくれたのは桜室連さん(こっちの踊り子より多い21名も)、
それから、紅翔連さんに華舞斗さん、辿さんも来てくださっていましたね。
正味10分2曲の飛勇凛の出番ためにありがとうございました。
c0182210_21561013.jpg

c0182210_21561233.jpg

終了後は応援の皆さんを含め都合のつく者で懇親の席が設けられましたが、
今年のこれからに向けた水面下の動きもあったりしまして、非常~に有意義なひとときでした。

話を聞くと各チームしばらく対外的な演舞予定はないようです。
4月中旬の前沢の春祭りや下旬の十和田(例年通りならば)になるんじゃないかということでした。

今年も面白いことになりそうです(^^)



by ashikari_55honz | 2012-02-12 22:04 | 踊り子


<< 脱線してさんさ踊りのことなど。      備忘録的雑感(2)@すりさわ >>