Ashikari亭の与太話

ashikari.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 17日

飛勇凛さん新曲『豊潤の里』

c0182210_19511211.jpg

さて、初披露も済みましたので飛勇凛さんの新曲『豊潤の里』について、この場で芦刈目線の話を少し。
チームの公式な見解ではございませんのであしからず。飛勇凛さん、いいべ?

地震による諸々の中断という特殊事情はございましたが
ぶっつけ本番のソーランで新曲披露に至ったというのは結構な難産だったのかなぁと思いました。
隊列表を初めてもらったのがあの頃で、衣装を受け取ったのがあの頃です(結構ぎりぎり)・・・(^_^;

地震前にお聞きした予定だと4月か5月には新曲に切り替えたいという考えだったと記憶しています。
個人的にはいきなりソーランで本番に立っても上手くいくわきゃないと思ってましたので、
その前にチームが新曲で出るなら踊り子で出ておきたいとは思っておりました。
チームへの根回し等、意識的に早目にスタート(だけは)したつもりです。

結果としてぎりぎりになりましたが・・・、初心者でしかも年齢相応に物覚えは悪くなってますので、
のんびりしてたら間に合わなかっただろうな。早目に動き出しといて正解でした(´Д`)

尤も、このような制作上の進行はいろんなチームの話を聞いていると、
予定通りじゃなくても予想の範囲内なんかなとも思います。
夜中の懇親の席でそういった話がちょっと出たんですよね。
「出来上がったら発表する、じゃなくて期限を決めて追い込むもんだ!」と;^^)

テーマ設定に関しては前作の歓喜豊穣に続き、
米どころ奥州胆沢に拠を置く飛勇凛さんらしい、ストレートなものであると思います。

詞の中には前作と同じく”酒を盛る”云々という一節が入りましたけど、
今回の曲で特に私の耳に残ったのは『みず』という言葉でした。何回か出て来ます。

演舞上のねらいもその辺にあるとちょろっと聞きました。
例えばですが中間の女子パートのゆったりしたところなどまさに水の流れだと思います。
(私はあそこで天の川が見えるんだな。
 一般的な話として七夕祭りに雨乞いの祈りが含まれるものかどうか分かりませんけど。
 プラスアルファの工夫で見る側の補完をもうちょっとお願いしたいところ)

振付もスピード感あり、身体を大きく回す動きなど飛勇凛っぽいなあと思いました^-^)

踊りの委細についてあとは見て感じてやって下さい。
今の段階であれこれネタバレするわけにはいかないと思いますので。

飛勇凛さんの新曲については、ウォッチャー仲間にはあんまり喋ってなかった筈です。
ここ(blog)で情報タダ漏れなんてことは勿論しませんけど、エンタのズブ様のマニエル氏がわりと直前まで
『飛勇凛は今年のソーランは歓喜豊穣か?』と思ってたみたいですから、情報統制としては成功でしょう^^)v

by ashikari_55honz | 2011-06-17 20:03 | yosaカメ・ウォッチャー


<< 元気発信!ともに前へ 仙台すず...      ソーランから戻りましたm(_ _)m >>